に投稿

空虚さ(void)の心理学~瞑想的、そして関係療法的に心の深奥に迫る~|2023/11/26(日)

1)セラピーで多い訴えの1つに「空虚さ(void)」があります。

現代に生きる人は少なからず、無意味さや寂しさを感じていると思いますが、その背景にしばしばあるのが「空虚さ」です。「空虚さ」は、内的なものと考えられがちです。しかし、同時に経済的(資本主義的)なものでもあります。

2)資本主義は、空虚さを半永久的に産出することで生き続ける「自動機械」といえるでしょう。資本主義の特徴の1つは、不必要な消費活動を生むことです。

消費にはもちろん、生きていくうえで必要なものもありますが、必要のない「欲望」=「執着」を次々に産出します。欲望や執着に捕まると、今までなかった足りなさ、空虚感が新たに生まれます。消費活動を行うことで、その足りないもの、欠けているものを埋めて、空しさを何とかしよう、満たそうとします。

しかし、消費活動によって、精神/心理的渇望感や空しさが、真の意味で満たされることはありません。瞬間的充足はあっても、またすぐに欲しくなります。空虚感、飢餓感、渇望感が次々に湧き上がってきます。

この空虚感は、半永久的になくなりません。だから消費が新たに生まれ、資本主義は永続します。

3)トランスパーソナル・セラピストのラルフ・メツナー氏は、チベット密教の六道輪廻図における「餓鬼(がき)界」を、次のように説明しました。

餓鬼界を示す有名な絵図には、しばしば「餓鬼」と「酒の徳利」が登場します。多くの人は、餓鬼がアルコール依存だから、提供された酒(アルコール)を浴びるように飲む、と考えるそうです。

メツナー氏は、それに異論を唱えます。なぜなら、生きていくうえで必要以上の量の酒が、どこからともなく自動的に提供され続けるのが餓鬼界であり、その誘いに抗えない人間が、「餓鬼化=貧相化」していく、と考えるからです。

餓鬼は、どんなにアルコールを飲んでも「足る」を知りません。浴びるように飲み、いくらでも喰らいますが、満たされることはありません。どんなに飲んでも、喰っても、心の空っぽさ、飢餓感はまったく癒えないのです。それは、アルコール、摂食、買い物、セックスといった依存症者や共依存症者の姿そのものです。みな欲望に執着し、飢えることがなくなりません。

4)もっと飲みたい、もっと喰らいたい、もっと買いたい・・・。

飲んで、喰って、買っても、空虚は埋まらない。だから、もっともっと欲しい。

ここに、逃れることのできない悪循環のループが生まれます。それは次第に強化され、最後にガッチリと固定化されます。

5)依存症や共依存、複雑性トラウマ、各種パーソナリティ障害、解離、過剰適応の人、この世界から消えたいと妄想していたり、自死の思いに駆られている人が、終わりのない悪循環のループに捕えられているケースが、少なくありません。そこにハマったら最後、解放され、自由になるのは大変困難です。

その心理のあり様は、経済(資本主義)のあり様と、表裏一体関係にあります。私たちは、心理的にも、経済的にも、空虚になりやすい時代に生きています。

6)心理学的に「病理」とされてきた空虚を、心理学の新潮流である「関係療法」は、どうとらえているのでしょうか?

関係療法によると、一見、自分の『内部』にあると思える空虚は、実は『外部』にあります。ここでいう「外部」とは、『関係性』やD. W. ウィニコットのいう『環境』を指します。関係療法の見方では、人は、関係性や環境、すなわち「外部」の空虚を、心の「内部」の空虚と『勘違い』するのです。

7)心に空虚さを秘めている人の、真の苦悩は、実は「外的」関係性の貧困さ、不毛さ、空虚にあります。「外的」関係の希薄さや空しさが、「内的」空虚の母胎です。

8)そんな空虚に苦しむ人を支援しようと「意図」する善意のセラピストは、早晩、「意図せず」サポートにならない言動をするようになってしまいます。大変残念ですが、いったいなぜなのでしょうか?

セラピストは無意識のうちに、クライエントの希薄で虚しい従来の関係性や環境に乗っ取られてしまい、その一翼を担わされ、加担することになってしまうからです。

たとえば、クライエントの否定的で自己愛的な母親や、未成熟な父親とそっくりになっていたりします。クライエントにとって、そうした親たちとの関係は、まったく不毛で空虚です。逆転移、投影同一化、エナクトメントなどを通じて演ずるセラピスト側の負の役割は、(ほぼ確実に)サポートを必要としているクライエントとの間で、再演され、『固定化』され、『永続』することになります。

9)クライエントを支援するには、その「固定化」されたマイナスの関係や環境の『無化』=『空虚化』が、欠かせません。しかしこれは、容易ではありません。なぜなら、固定化されたその関係や環境は、クライエントだけでなく、セラピストにとっても意識化されない、「まったく無意識的」な場合が、ままあるからです。

無意識的な固定関係の刷新を後押しするのが、後に述べる禅的無化=空虚化です。それは、セラピストの演じている(乗っ取られている)自己愛的な母親役割や未成熟な父親役割を「破壊」し(てくれ)ます。

10)「破壊」は「創造」の機会を潜在させます。クライエントの「内的」空虚を永続させてきた否定的な固定的関係が破壊されると、「内的」空虚を、空虚のまま終わらせない肯定的な「外的」関係を創造する契機が生じます。これには、セラピスト側の死と再生、セラピスト側のパラダイムシフトが求められます。コンパッションの産出が必要とされます。

11)すると、セラピストとの間で新しい肯定的な「外的」関係や環境が創造されます。この「外的」関係や環境が、クライエントの心の「内面」に移され、育成されると、クライエントは、それまでとは異なる、「内的」空虚との良質な関係を持ち始めます。

この過程を基本からじっくり、ゆっくり見ていくのが、今回のセミナーの目的です。

12)「空虚(void)」は、スピリチュアルな諸伝統では、どう理解されてきたのでしょうか?

たとえば禅仏教は、空虚を「充満」や「充溢(じゅういつ) ~満ちあふれること~ 」と理解してきました。シャーマニズムや錬金術では、空虚は、深み(下方世界)への「糸口/窓口」となってきました。

どういうことでしょう?

(注:シャーマニズムでは、空虚は、「魂」を深みへ誘う『穴』に譬えられてきました。同じメタファーは、『不思議の国のアリス』などの物語にも見られます。セミナーでも触れます)

13)従来の「西洋」心理学にとって、空虚は、「欠落」「無意味」「方向性の喪失」「敗北」「病理」「闇」「絶望」「失望」でしかありませんでした。一方、禅仏教や老荘思想といった東洋哲学で、空虚は『肯定的』にとらえられてきたのです。

14)西洋心理学では、「自我や私」の空虚感は、治され、修復されるべき否定的なものです。一方、禅や老荘思想のようなスピリチュアリティにおいて、それは修復されるものではありません。そこでは、「空虚の側」をどうにかしようとするのではなく、「自我や私」の方こそ、「空」化、「無」化、「空虚」化されるべきものです。

15)空虚は、「それまで」の自我や私、主体性が空虚化され死んで、新たな主体性が生まれる充溢した源です。井筒俊彦氏によれば、そこはクリエイティビティ、癒し、潜在可能性の豊穣なところです。その充実したエネルギーと無化された私とが1つになって、空虚からクライエントの必要とする豊かで肯定的な関係を新たに切り出し創造しようとするのが、このセミナーのテーマです。

15)「空虚(void)」 は、多くの現代人の心を蝕み、人生を無意味にし、欠落感、敗北感、絶望/失望感を生みます。多くの人が空虚を嫌悪し、恐がり、不安がり、拒絶します。が、同時に、空虚は充足、充満、充溢、癒し、創造性、可能性の源泉です。シャーマニズムの教える通り、意識や現実の深みへの糸口でもあります。

16)セミナーでは、空虚を整理するところから始めます。空虚は1種類ではないからです。

・依存症や共依存、複雑性トラウマ、各種パーソナリティ障害、解離、過剰適応、アダルトチルドレンの背景にある空虚とは何か?

・それは経済的空虚か、あるいは心理/精神的空虚か?

・経済的空虚が満たされても、心や精神が空虚なままなのはなぜか?

・それは、関係性からくる空虚か、それとも実存的空虚か?

・スピリチュアル次元の空虚とは何か?

・なぜ禅や老荘は空虚を肯定するのか?

あなたと空虚について、多次元的ホリスティック的に取り組みます。

17)セミナーでは、良質な事例を参照し、空虚との具体的取り組みを身につけます。スピリチュアル次元の充溢した空虚に触れる、簡単な瞑想エクササイズを通した、体験的な学びもご用意しています。あなたのご参加をお待ちしています。

18)「空虚さ(void)の心理学 ~瞑想的、そして関係療法的に心の深奥に迫る~」にご関心のある
セラピスト、コーチ、コンサルタント、アドバイザー、ケースワーカー、ナース、医師、保健師、ボディワーカー、弁護士、教育関係者の方、ファミリービジネスの専門家の方、そして一般の方、初心者の方のご参加をお待ちしています。

に投稿

夫婦・カップル療法の極意を学ぶ ~セラピストのパラダイムシフトとは~|2023/10/29(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)今月のセミナー・テーマは、「夫婦・カップル療法」です。近年、夫婦療法やカップルセラピーのニーズが高まっています。しかし、この領域で専門的トレーニングを積んだセラピストはほとんどいません。そのため、セラピストやコーチが、夫婦やカップルの悩み、課題、訴えに、適切に応えることができていません。

続きを読む 夫婦・カップル療法の極意を学ぶ ~セラピストのパラダイムシフトとは~|2023/10/29(日)
に投稿

混迷(VUCA)の人生とセラピーを生き抜く力 ~『クリアクション × ネガティブ・ケイパビリティ』を身につける~|2023/9/24(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)混迷の現代社会は、VUCA(ヴーカ)と呼ばれます。それは、Volatility(不安定)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(両義、曖昧) の頭文字を組み合わせた造語です。

コロナ禍や戦争、地球沸騰化など、想定外の災禍が続く、不確実で、複雑で、曖昧で、不安定な現代社会においては、従来の精神やマインド、価値観、生き方では、太刀打ちできなくなりつつあります。

続きを読む 混迷(VUCA)の人生とセラピーを生き抜く力 ~『クリアクション × ネガティブ・ケイパビリティ』を身につける~|2023/9/24(日)
に投稿

組織・家族・集団の中で豊かに生き抜くために 〜集団療法の新たな展開『深層の耳で聴く』とは?〜|2023/8/27(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)今月は、集団精神分析家レオナルド・ホーウィッツの「第4の耳で聴く」を参照し、セミナーを行います。

私たちがこれまで紹介してきた、新フロイト派トーマス・オグデンの関係療法は、あいだの主体である「第3主体」に着目し、「第3の耳で聴く」ものでした。

それに対して今回は、「第4の耳(深層の耳)」を取り上げます。あなたはプロの「精妙な耳で聞く」傾聴の技を身につけることができるでしょう。また、自分の内面や身体の小さな声、声なき声を聴きとれるようになるでしょう。

続きを読む 組織・家族・集団の中で豊かに生き抜くために 〜集団療法の新たな展開『深層の耳で聴く』とは?〜|2023/8/27(日)
に投稿

『永遠の少年』×『自己愛構造体』~フォン・フランツとメラニー・クラインの出会い~|2023/7/30(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)今月のテーマは、「永遠の少年」と「自己愛構造体」です。

「永遠の少年」病理の中核は、自己愛性パーソナリティ障害(NPD)です。そしてNPDの理解には、ポスト・クライン派の「自己愛構造体」が有益です。

続きを読む 『永遠の少年』×『自己愛構造体』~フォン・フランツとメラニー・クラインの出会い~|2023/7/30(日)
に投稿

『大嫌い、でも1人にしないで!』~高機能境界性パーソナリティ障害の理解と取り組み~|2023/6/25(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)今回は、久しぶりに「境界性パーソナリティ障害(borderline personality disorder, BPD)」を取り上げます。中でもメインテーマは、『高機能(high functional)BPD』です。

境界性パーソナリティ障害に関する「高機能」に的を絞って、セミナーで取り組むのは、今回が初めてです。実践的で、現場で役立つ内容ですので、ぜひご活用ください。

続きを読む 『大嫌い、でも1人にしないで!』~高機能境界性パーソナリティ障害の理解と取り組み~|2023/6/25(日)
に投稿

真の自己や人生と関係性の育成と創造 ~アニマ / アニムスとの出会い、理解と取り組み~|2023/5/28(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)今月は、心の内的異性である「アニマ(anima)」と「アニムス(animus)」がテーマです。

アニマやアニムスとの取り組みは、私たちの内面を豊かにし、人との関係を良好にします。個性化(自己実現)の過程を推し進めます。人生が不思議さや神秘を取り入れたイキイキとしたものになります。

あなたは、アニマやアニムスとの出会い、接触、関係の中に、「真の自分」を発見するでしょう。

続きを読む 真の自己や人生と関係性の育成と創造 ~アニマ / アニムスとの出会い、理解と取り組み~|2023/5/28(日)
に投稿

病態水準の目利きになる極意 ~自己愛の中の精神病、自己愛、発達障害、解離の混同と見分け方~|2023/4/23(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)私たちはこれまでセラピーの実践のなかで、クライエントに対し、受動的な被害者 / 犠牲者から、能動的な人生への参与者、指揮者やリーダーへ、また個人神話の創造的語り手になるように、と支援させていただいてきました。

今月は、クライエントを人生の能動的参与者、指揮者、個人神話の創造的語り手へと支援するうえで欠かせない「実践の知」「臨床の知」と取り組みます。実践の知、臨床の知として、もっとも有益なものが、「病態水準の見分け方」です。

続きを読む 病態水準の目利きになる極意 ~自己愛の中の精神病、自己愛、発達障害、解離の混同と見分け方~|2023/4/23(日)
に投稿

対極性のマネージメント ~相克する内面と世界、関係性への永続的アプローチ~|2023/3/26(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)あなたは、持続可能な豊かさやバランスの良さに、ご関心がありますか?

今回、私たちは、永続する繁栄、精神のハーモニー、ウェルビーイングをもたらす「対極性(polarity)」とその「マネージメント」について、取り組みます。

対極性のマネージメントは、長期間止まないアルコール、ギャンブル、ゲームなどの依存症、共依存、過剰適応、DV、解離など、慢性化している問題や症状、悩みにも、大変有益です。

続きを読む 対極性のマネージメント ~相克する内面と世界、関係性への永続的アプローチ~|2023/3/26(日)
に投稿

セルフ・コンパッション ~ 他者と自分を抱きしめる『やさしさ』の方向性~|2023/2/26(日)

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)「私たちのタスクは、生きとし生けるものと自然のすべてを抱きしめる(embrace)コンパッションの輪を広げ、私たち自身を解放し自由にすることです」(アルバート・アインシュタイン)。

「愛 (love)は人が幸せになるように思う心、慈悲(copmassion)は人の苦しみがなくなるように思う心です」(ダライ・ラマ)。

続きを読む セルフ・コンパッション ~ 他者と自分を抱きしめる『やさしさ』の方向性~|2023/2/26(日)