に投稿

愛と純粋贈与のメタスキル ~ACT/マインドフルネスとトランスパーソナル心理学の架け橋~|2020/4/19(日)

愛と純粋贈与のメタスキル~ACT/マインドフルネスとトランスパーソナル心理学の架け橋~

◎ オンライン開催
◎ 配布資料+音声データをご購入いただけます

1)トランスパーソナル心理学には、大別して、K.ウィルバーやR.アサジオリらの「スピリチュアリティ派」と、M.ウォッシュバーンやC.G.ユングらの「魂(ソウル)派」とがあります。日本では、ユング心理学を土台にしたソウル派が、トランスパーソナル心理臨床の、主流派です。一方、スピリチュアリティ派のトランスパーソナル心理臨床は、マイノリティでした。

2)が、ここにきて、その勢力図は大きく変わってきました。そこには、認知行動療法「第3世代」の発展が関係しています。第3世代には、「マインドフル認知療法(MBCT)」「アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)」「弁証法的行動療法(DBT)」などがあります。

第3世代に共通するのは、大乗仏教のマインドフルネス、グルジェフやクリシュナムルティなどのスピリチュアルな視点および技法を、暗に明に、巧みに取り入れ、活用している点です。

3)認知行動療法第3世代の視座や技法は、トランスパーソナル心理学のスピリチュアル派が、過去40年間の間に、学会誌や書籍を通じて、繰り返し主張してきた内容に通じます。実際、第3世代の論文や書籍には、トランスパーソナル心理学関連文献からの引用が少なくありません。

たとえば、ACTの創始者、スティーブン・C・ヘイズらによる『アクセプタンス&コミットメント・セラピー』(星和書店)には、サイコシンセシスの創始者、R.アサジオリが執筆した『意志の働き』(誠信書房)が、参考文献として挙げられています。

4)私たちは、MBCT、ACT、DBTを、トランスパーソナル心理学スピリチュアリティ派の中身を、受け継ぎ、洗練させ、臨床的に、また一般の人にわかりやすくしたものと理解し、評価しています。

5)さて、第3世代の主張を先取りした良質なトランスパーソナル心理学のひとつが、「サイコシンセシス」です。サイコシンセシス、MBCT、ACT、DBTに通じるのは、悩みや症状や問題を変えようとするのではなく、マインドフルに、あるがまま見つめようとする視座です。

6)たとえば、マインドフル認知療法では、自動(脊髄反射)的思考を変えよう、治療しようとするのではなく、自動的思考を含んだ心の状態全体にまんべんなく、あるがままの注意を向けるようにします。

ACTでは、困難な気分、不快感や違和感を取り除くことなく、こうしたマイナスの気分や感情にオープンでいる・あること、過剰反応、脊髄反射することなく、それらの負の状態を引き出す状況、環境、文脈を避けずに、受け入れ、共にいることを目指します。弁証法的行動療法も、大乗仏教のマインドフルな視座をすすんで活用しています。

7)サイコシンセシスでは、こうした観点を、「トランスパーソナルな自己(トランスパーソナル・セルフ)」や「トランスパーソナルな意志(トランスパーソナル・ウィル」という概念で、長く取り扱ってきました。どういうことでしょう?詳しくはセミナーでお伝えします。

8)ACTは、人がマインドあるいはエゴから解放され、精神の自由さを増すことを応援します。ACTによると「マインド」は、たとえば税金の計算や水道光熱費の支払い、車の運転、機械の修理、といった日々の仕事をこなす上で、なくてはならないものです。しかし、愛、今・ここにいること、純粋贈与には十分ではありません。そこには、マインドやエゴが属する日常とは異なる「別次元のマインドおよびエゴ」が必要です。

9)別次元のマインドを「マインドフルネス」、別次元のエゴを「トランスパーソナル・セルフ」と言います。マインドやエゴは、分割された限定的なものです。一方、マインドフルネスやトランスパーソナル・セルフは、非分割、非限定的です。

10)私たちが考えるスピリチュアリティとは、非分割的であり、非限定的精神のあり方であり、それによってもたらされる意識の方向性や経験です。

11)これに対して、豊かなビジョンや深遠な夢、といったものは魂(ソウル)の体験です。あなたは、スピリチュアルなマインドフル体験と、魂のソウルフル体験の違いに関心がありますか?”Yes”であれば、このセミナーをご活用ください。わかりやすくご説明します。

12)さて、分け隔てのない、あるがままの注意はありとあらゆる気分、機嫌、感情、状況、環境、文脈をオープンに受け入れ、共にいることを可能にする姿勢です。こうした、スキル(技術や技法)の背後にある姿勢や態度を、プロセスワークのエイミー・ミンデルは「メタスキル(meta-skill、通常のスキルを超えたスキル」と呼びました。

今回、マインドフルで受容(アクセプタンス)的な注意が、メタレベルのスキルとして、意識全体にいい形で根づくように、磨き洗練させるトレーニングを試みます。

13)このセミナーでは、マインドフルネス療法、ACT、サイコシンセシスのスピリチュアルな側面を糸口に、愛と純粋贈与について取り組みます。その時、ACTやサイコシンセシスが大切にする「コミットメント」、つまり、偽りのではなく、真の価値~たとえば愛や純粋贈与~に従った目標をセッティングし、確実に実践する点にもフォーカスします。

14)心理療法の実践には、クライエント-セラピスト関係を含み、超えた次元についての視座が不可欠である、と私たちは考えてきました。それが関係療法と共に、トランスパーソナル/スピリチュアリティを重視する所以(ゆえん)でもあります。

クライエント-セラピスト関係を含んで超えた、非限定的、非分割的な次元に存在するのが、愛や純粋贈与の視座です。それは人間(個人)を超えたものです。この視座を活かす鍵が、マインドフルネス、アクセプタンス&コミットメント、およびサイコシンセシスのメタスキルに潜んでいる、と考えます。

15)マインドフルで受容(アクセプタンス)的な注意を、メタレベルのスキル(メタスキル)として、いい形で根づかせることを、このセミナーでは目指します。それは、心理療法やコーチング、コンサルティングなどの対人援助を、実践的でありながら、同時に良質さ、豊かさを秘めた技へと磨く鍵だと考えています。

今回、「愛と純粋贈与のメタスキル~ACT/マインドフルネスとトランスパーソナル心理学の架け橋~」にご関心のある専門家の方および一般の方、初心者の方、ご自身やご家族の理解を深めたい方、そしてあなたのご参加をお待ちしています。

* * * * *

日時 ■ 2020年4月19日(日) 10:00~17:00

会場■ zoomオンライン会議(お申込みいただいた方に詳細をお伝えします)

費用■ メールマガジンにてご案内しております。

講師■ 富士見ユキオ・岸原千雅子